一度は行きたい 吉野の桜

スポンサーリンク

足 腰が元気なうちに、是非とも吉野の桜を味わっていただきたい。

#NARA #奈良 #桜

f:id:nitinitikorekouniti:20180422012726j:plain

 

憧れの吉野(奈良県)の桜を4月6日に見て参りました。

今年のソメイヨシノは、例年より早く咲いたため散るのも予想以上に早かったですね。

しかも近鉄吉野駅から吉野山駅までのロープウェイが、今シーズンは運行休止でした。そのため、私は奈良駅付近出発のバスツアーに参加しました。下千本近くの吉野山観光駐車場まで乗せて行って頂いて、3時間半程自由行動というものでした。

ご存知のように吉野山の桜は、下千本 中千本 上千本 奥千本 と下から上へ咲いていきます。

4月初めですが、下千本と中千本のソメイヨシノはほぼ終わりでした。なので、上千本辺りまで歩いて行くという選択肢のみでした。上千本より下にある奥千本行きのバス乗り場から奥千本入り口まで行き、道を下りてきて上千本や展望台へ行けたら〜と考えました。

観光駐車場から奥千本行きのバス乗り場まで50分位でしょうか。ソメイヨシノは終わっていても山桜や八重桜、垂れ桜、その他キレイな景色、お土産やさんを見ながら気持ちよく歩いて行きました。

f:id:nitinitikorekouniti:20180422012537j:plain

 



f:id:nitinitikorekouniti:20180422012522j:image

黒門をくぐって、てくてく登って行きました。駐車場から25分程で金峰山寺へ到着しました。

 

f:id:nitinitikorekouniti:20180422012813j:plain

金峰山寺入口

国宝の仁王門は修理の準備にはいっていました。仁王門の左右に安置された高さ約5mの金剛力士像は迫力満天。

南北朝時代のものだそうです。

f:id:nitinitikorekouniti:20180422012825j:plain

国宝 仁王門内の 金剛力士


それから、蔵王堂にて、蔵王権現様を拝観しました。

写真撮影禁止のためお見せできませんが、恕の心を持った仏様で、迫力のある恐ろしい形相でした。しかしながらそのおおもとは、懺悔をする者として、悩みや苦しみからお救いくださる慈悲深きお姿なのです。しばし、自分と家族のことを思いながらお祈りしました。

御朱印を頂いてから、金峰山寺を後にして、またテクテク登って行きました。

途中、東南院に立ち寄り御朱印をいただいてから、急な坂道を登り、ゼーゼーしながら竹林院へ到着しました。竹林院を散策した後、ようやくバス乗り場へ。
バスに乗って、奥千本へ行く予定でしたが、バス乗り場に長〜い列が。バスに乗るまで45分待ち  ということだったので、それではツアーの帰りの集合時間に間に合わなくなります。疲れてボーっとしたまま上千本を目指して歩き始めました。

ところが、かなりの急な坂道。坂道の途中から上千本辺りを撮影したものです。

f:id:nitinitikorekouniti:20180422012726j:plain

斜面がピンクに染まっています。満開の時ならもっと色がキレイなことでしょう。

時間的な条件と体力の限界から、奥千本行きのバス乗り場から10分程登山のような斜面を登ったところで、Uターンをして、来た道を戻りました。

金峰山寺を含む「紀伊山地の霊場と参詣道」は、2004年にユネスコ世界文化遺産に登録されています。修験道の聖地です。

軽いハイキング気分で来た自分を反省しました。1泊2日で時間が十分にあれば、見る所はたくさんありますし、ゆったりできます。

坂を下り、竹林院より少し下にある桜本坊に寄りました。

 

f:id:nitinitikorekouniti:20180422012738j:plain

 

桜本坊の境内には、垂れ桜が満開で大変綺麗でした。


f:id:nitinitikorekouniti:20180422012610j:image


f:id:nitinitikorekouniti:20180424225715j:image

天武天皇 夢見の桜は、葉桜となっておりました。
それから、世界遺産の吉水神社へ


f:id:nitinitikorekouniti:20180424230011j:image
吉水神社からは、人目千本 千本の桜を見渡せる絶景があります。
f:id:nitinitikorekouniti:20180422012622j:image
あと一週間早く訪れたかった。

でも、私の好きな禅宗の言葉

日々是好日

 

天気は曇りで、小雨も時々パラつきましたが 素晴らしい 吉野 でした。

 

f:id:nitinitikorekouniti:20180422012649j:image
f:id:nitinitikorekouniti:20180422012703j:image