京都 宇治で出会った抹茶パフェ が衝撃的に上品なお味 でした❣️ 〜伊藤久右衛門本店〜

スポンサーリンク

自分が以前に食べたパフェは、一口目は美味しいけれど、だんだん甘くてウッとくるものでした。なかには、器の下の方にコーンフレークが入っていて、途中でお腹イッパイになるものもありました。

ところが、1週間ほど前に食べた抹茶パフェが衝撃的に美味しすぎて、忘れられません。脱帽です。

それは、京都の宇治で偶然に出会いました。宇治は、お茶の名産地ですよね。

宇治にある老舗茶寮は、まずは、中村藤吉本店がJR宇治駅の近くにあります。こちらは、安政元年(1854年)創業で、平等院鳳凰堂のそばにも支店があります。


f:id:nitinitikorekouniti:20180722221449j:image
当初はこちらで、生茶ぜりぃ や パフェ 茶そば を頂くつもりでした。朝10時から、何人かの観光客が店に入って行きました。しかし、こちらにお邪魔したら、平等院鳳凰堂への入場が混み合ってしまいます。

帰りに寄ろうと思い、結局別の道で帰ったので、入店せずに終わりました。

中村藤吉本店へは、次回、宇治へ行く機会があれば、是非お邪魔したいと思っております。


f:id:nitinitikorekouniti:20180722222309j:image  7月13日の宇治川 西日本豪雨で増水していました。

その日は、猛暑でした。平等院鳳凰堂を参拝してから、宇治神社宇治上神社へお参りした後は、若干くらーっとしました。

昼食をとろうと店を探しましたが、中々入りたい店が目に入りませんでした。美味しそうなお蕎麦屋さんを見つけて中へ入ったら、品切れでした。

すでに、午後2時を過ぎていました。そこの店員さんに茶そばが食べられる店を聞いたら 伊藤久右衛門本店 を  紹介してくださいました。酷暑の中10分ほど歩いたら、京阪線宇治駅から三室戸駅へ向かう大きな道路沿いに伊藤久右衛門を見つけました。

中々の店構えです。店内は、グローバルな観光客と地元の方々で賑わっていました。平等院鳳凰堂からは離れているのに、これだけ混み合っているのは、間違いない証拠です。

入って席に座り、お水の代わりに出された冷たいほうじ茶が美味しいこと。若干熱中症気味だったため、恥ずかしながら、3杯もお茶を頂いてしまいました。

茶そばとかやく御飯と抹茶パフェのセットを注文しました。お値段は1400円ほどだったと記憶しております。


f:id:nitinitikorekouniti:20180722221532j:image

茶そばは、食べるとお茶の香りが口の中に広がりました。綺麗に盛り付けてありますが、食べてみると、十分な量がありました。こんなに香りが広がる茶そばは、初めて食べました。

パフェは、セットについてきたものなので、ミニです。それでも、かなりの満足感がありました。丸い緑のクッキー?がサクサクです。ソフトクリームのように見える部分は、甘さを抑えた生クリームでアイスクリームではないので、食事と一緒に出しても上のクリームが溶けることはありませんでした。

お茶の香り、濃い抹茶ゼリーのほのかな苦味、プルプルした白玉、生クリームのまろやかさの相性が抜群でした。
f:id:nitinitikorekouniti:20180722221604j:image

もうおやつの時間だったので、周りの方は、立派なパフェを食べている方が多かったです。凄〜く美味しそうでした。

 

 甘み抑え目の抹茶パフェが忘れられずに、広島へ戻ってから似たような抹茶のアイスやパフェ、プリンを捜していますが、やはり見つかりません。

さすが、世界的な観光地 京都のスウィーツ です。私は必ずリピートします。

#京都  #宇治  #茶  #抹茶パフェ  #抹茶 #伊藤久右衛門


伊藤久右衛門 宇治抹茶 和菓子 ギフト お菓子 詰め合わせ 彩菓五色 わらび餅 プリン

 



f:id:nitinitikorekouniti:20180723212452j:image