サマージャンボ宝くじ の 当選確率 が上がる宝当神社 へ 行ったのですが‼️❓

スポンサーリンク

先日参加した、九州の地元の旅行会社が企画したバスツアーにて、思わぬ体験をしました。私は佐賀県 呼子のイカを食べたくてそのツアーに参加したのですが、他の皆さんは、宝くじの当選祈願で宝当神社へお参りをすることが、メインだった様です。

宝当神社の場所

佐賀県 唐津市 高島  

島の周囲は約3キロ

島へ上陸したら、神社へは徒歩3分。道案内の矢印があります。

 

高島へは、唐津城の向かいにある桟橋から船が出ています。約10分で島へ到着です。船は、50人乗りくらいでしょうか?

本数が少ないので、調べてから行ってください。宝くじの発売期間は、船もたくさんでている様ですが〜。

私は、何の知識も持たずに、バスツアーのコースに入っていて、行くことになりました。

サマージャンボ宝くじ 発売期間中だったため、船は満員で、乗り切れない人もいた様です。皆さん、本当に真面目に、ワザワザ船に乗ってワクワクして行くのです。

f:id:nitinitikorekouniti:20180802232528j:image

 小さな神社に たくさんの人です。

宝当神社のいわれ

島を海賊から守った野崎隠岐守綱吉は、1581年に島民と一緒に、先祖を奉り塩屋神社を設立しました。1586年にこの島で野崎隠岐守綱吉が逝去し、島民達は、綱吉を島の大権現として奉りました。

1901年 製塩が盛んになり、利益を上げたお礼として、この神社(綱吉を奉った神社)を当島の宝 として 寶當神社(ほうとうじんじゃ) としました。そして石造りの鳥居を奉納しました。


f:id:nitinitikorekouniti:20180802224001j:image

宝当神社は塩屋神社の末社とされています。

その後、1993年に「島おこし」で宝当袋を作りました。宝当袋に宝当神社のを入れて、そこに宝くじを入れておくと 当りやすい とか。 その後、高額当選者が出て、この島が有名になったようです。

因みに、高島の島民は、全員 野崎 さん 同じ名字 だそうです。

 

高島にて

高島へ到着すると、船から降りた途端 宝当袋 を購入するように勧められます。

宝当袋を売っている店は、3軒程ありました。値段は¥600〜¥3000位まで。

作りも、すぐに破けそうなものから金ピカのものまで色々。

フー。

そして、「こっちの宝当袋が本物  」 という看板。

本物とか偽物とか。??

意味がわかりません。

皆さん、宝くじを持参して、宝当神社をお参りしていました。小さな可愛らしい神社です。

もちろん、小さな島にサマージャンボ宝くじ売場があります。(笑)
f:id:nitinitikorekouniti:20180802224117j:image

 

宝当神社へお参りをすると、宝くじの当選確率が上がる というデータ はどこからきているのでしょう❓

こういうことは、深く突っ込んではいけないのでしょうね。

確かに、高額当選者はお礼詣りにいらっしゃるようです。当たらなかった人は、何も言わないので、くじをたくさん購入して、当たった人が目立ちます。

何だか神社は、煩悩が渦巻いていました。

 

半分呆れながらも、やはり私は凡人です。

宝当神社をお参りして、御朱印をいただきました。

f:id:nitinitikorekouniti:20180802224656j:plain

 

それから、島の宝くじ売場で、サマージャンボ宝くじを10枚程買いました。

10枚は、多分誰よりも少ないと思います。

そうやって、この不思議なツアーを楽しみました。

あっそうそう  さすがに宝当袋は買いませんでした。

ALL野崎さん の 島民の皆さんが、仲良く暮らしていけますように‼️

#宝当神社   #宝当袋   #サマージャンボ宝くじ   #高額当選者  #宝当神社御朱印